トップページ > 福島県のものづくりとは

福島県のものづくりとは

東北地方の玄関口、最南端に福島県は位置し、東京から約200km圏内(郡山〜東京:新幹線で約75分)で、県内を縦横に走る高速道路や小名浜港・相馬港などの航路、そして福島空港など、充実した交通・物流ネットワークが産業を支えています。福島県は製造品出荷額、粗付加価値額ともに東北第一位であり、それは物の品質とそれに伴う価値が全国に認識されている証拠だと考えております。福島人特有の実直な姿勢と丁寧な仕事だからこそ出来る結果であり、福島県の企業力・ものづくり力は世界へ誇れるレベルだと言っても過言ではありません。

そして、福島県のものづくりを語る上で忘れてはいけない東日本大震災。建物や道路等、交通におけるインフラの整備は目に見える形で復旧していますが、原発事故による風評被害は強く残っています

しかし、福島県のものづくり中小企業は、しっかりと前を向き歩んでいます。自社の保有技術を活かし、日本中を、そして世界をも驚かせる製品・技術開発に日々精進しているのです。これが福島県のプライドであり、復興を加速させる大きな原動力となっています。

その取組みの一つである「ふくいろキラリプロジェクト」。
平成25年度にスタートし、これまでに延べ230件を超える技術相談に対応。数々の新製品開発及び事業化を達成してきました。さらに、デザイン支援や知的財産権取得に係る支援、ビジネスマッチングの機会創出、マーケティングや販路開拓を含めた事業化までの出口支援を手厚いものとし、福島県のものづくり中小企業を強力にバックアップしています。

01 福島県が取組む産学官連携による商品開発事業-成功への視点とは-

本来商品開発とは、新たな製品を生み出し販売し、売上を上げ、自社に利益を残すもの。これはもちろん間違ってはいません。しかし、福島県の商品開発支援事業は少し違う視点で商品開発を捉えており、大袈裟に言えば「開発した商品は売れなくても良い」ということ。ものづくり中小企業の自社保有技術を活かし、産学官連携により新商品開発をサポート。ポイントは“自社の保有技術を活かし”です。

メーカーの下請けがメインの中小企業は自社商品を持っていません。展示会や技術紹介の時に、公に見せることが出来る商品・技術がない、ということがほとんどです。せっかく素晴らしい技術を持っていても上手く伝えられなければビジネスにはつながりません。「だったら、自社保有技術を存分にアピール出来る自社商品を創れば良い」当サイトで紹介している商品群を技術系の展示会へ出展しました。どんなに素晴らしい技術でも、難しい説明からでは誰も足を止めてくれません。自社開発商品を展示することで、“一目で何が展示してあるかがわかる”ためか、おかげさまでブースは来場者が途切れることがありませんでした。さらに、その技術について熱心に興味深く聞いて下さる方が非常に多かったのです。

プロジェクトがスタートして5年目を迎えた現在では、産学官連携による新商品開発において、製品が売れるということはもちろんですが、“その製品に施された技術”を買っていただき、定性的な効果として本業への仕事や相談が増えたという事例が数多く生まれています。

02 短期間に多数の事業化を達成した「ふくいろキラリプロジェクト」

パッケージやパンフレットもなく、裸のまま商品が置いてあったら、手に取った方は購入するでしょうか。販売の経験がない企業が、新商品をどうやって売っていくのでしょうか。消費者の購買意欲に訴えかけるのは、その商品に詰め込まれている素晴らしい技術や購入メリットであり、さらには開発者の想いだと考えています。

では、どうやって伝えるのか。
対面販売でない限り方法は一つ。
「活字」です。

そこには目を奪うデザインがあり、心にとまる言葉があり、わかりやすい説明があり、紙やパッケージという媒体を通して消費者へと伝わります。当プロジェクトにおいて地域の印刷会社がその役割を担ってまいりました。産学官連携による支援活動(企業訪問)にスタートから印刷会社が参加していたことにより、その商品のコンセプトやターゲット、そして何より商品に込めた開発者の想いが手に取るように印刷会社へと伝わり、短期間でスムーズに広報物制作・販路確保などの支援を行うことが可能となりました。

「商品開発から販売まで」と捉えた時に、“産学官連携+産産連携”が非常に大きな意味を持ってきます。この産産連携は印刷会社でなければならないということではなく、そのプロジェクトに適した産産連携を産学官連携に組み込むことが成果への近道となると考えます。せっかく想いをこめて開発した商品。使って頂ける方の手に届かなければ、その込めた技術が伝わらなければ、何の意味もありません。これからも県内ものづくり企業の前向きな取り組みをバックアップし、企業の大切な想いを届けるお手伝いをすることで、その地域の産業活性化から新たなビジネスモデルを創出してまいります。

東北地方の玄関口、最南端に福島県は位置し、東京から約200km圏内(郡山〜東京:新幹線で約75分)で、県内を縦横に走る高速道路や小名浜港・相馬港などの航路、そして福島空港など、充実した交通・物流ネットワークが産業を支えています。福島県は製造品出荷額、粗付加価値額ともに東北第一位であり、それは物の品質とそれに伴う価値が全国に認識されている証拠だと考えております。福島人特有の実直な姿勢と丁寧な仕事だからこそ出来る結果であり、福島県の企業力・ものづくり力は世界へ誇れるレベルだと言っても過言ではありません。

そして、福島県のものづくりを語る上で忘れてはいけない東日本大震災。建物や道路等、交通におけるインフラの整備は目に見える形で復旧していますが、原発事故による風評被害は強く残っています

しかし、福島県のものづくり中小企業は、しっかりと前を向き歩んでいます。自社の保有技術を活かし、日本中を、そして世界をも驚かせる製品・技術開発に日々精進しているのです。これが福島県のプライドであり、復興を加速させる大きな原動力となっています。

その取組みの一つである「ふくいろキラリプロジェクト」。
平成25年度にスタートし、これまでに延べ230件を超える技術相談に対応。数々の新製品開発及び事業化を達成してきました。さらに、デザイン支援や知的財産権取得に係る支援、ビジネスマッチングの機会創出、マーケティングや販路開拓を含めた事業化までの出口支援を手厚いものとし、福島県のものづくり中小企業を強力にバックアップしています。

01 福島県が取組む産学官連携による商品開発事業-成功への視点とは-

本来商品開発とは、新たな製品を生み出し販売し、売上を上げ、自社に利益を残すもの。これはもちろん間違ってはいません。しかし、福島県の商品開発支援事業は少し違う視点で商品開発を捉えており、大袈裟に言えば「開発した商品は売れなくても良い」ということ。ものづくり中小企業の自社保有技術を活かし、産学官連携により新商品開発をサポート。ポイントは“自社の保有技術を活かし”です。

メーカーの下請けがメインの中小企業は自社商品を持っていません。展示会や技術紹介の時に、公に見せることが出来る商品・技術がない、ということがほとんどです。せっかく素晴らしい技術を持っていても上手く伝えられなければビジネスにはつながりません。「だったら、自社保有技術を存分にアピール出来る自社商品を創れば良い」当サイトで紹介している商品群を技術系の展示会へ出展しました。どんなに素晴らしい技術でも、難しい説明からでは誰も足を止めてくれません。自社開発商品を展示することで、“一目で何が展示してあるかがわかる”ためか、おかげさまでブースは来場者が途切れることがありませんでした。さらに、その技術について熱心に興味深く聞いて下さる方が非常に多かったのです。

プロジェクトがスタートして5年目を迎えた現在では、産学官連携による新商品開発において、製品が売れるということはもちろんですが、“その製品に施された技術”を買っていただき、定性的な効果として本業への仕事や相談が増えたという事例が数多く生まれています。

02 短期間に多数の事業化を達成した「ふくいろキラリプロジェクト」

パッケージやパンフレットもなく、裸のまま商品が置いてあったら、手に取った方は購入するでしょうか。販売の経験がない企業が、新商品をどうやって売っていくのでしょうか。消費者の購買意欲に訴えかけるのは、その商品に詰め込まれている素晴らしい技術や購入メリットであり、さらには開発者の想いだと考えています。

では、どうやって伝えるのか。
対面販売でない限り方法は一つ。
「活字」です。

そこには目を奪うデザインがあり、心にとまる言葉があり、わかりやすい説明があり、紙やパッケージという媒体を通して消費者へと伝わります。当プロジェクトにおいて地域の印刷会社がその役割を担ってまいりました。産学官連携による支援活動(企業訪問)にスタートから印刷会社が参加していたことにより、その商品のコンセプトやターゲット、そして何より商品に込めた開発者の想いが手に取るように印刷会社へと伝わり、短期間でスムーズに広報物制作・販路確保などの支援を行うことが可能となりました。

「商品開発から販売まで」と捉えた時に、“産学官連携+産産連携”が非常に大きな意味を持ってきます。この産産連携は印刷会社でなければならないということではなく、そのプロジェクトに適した産産連携を産学官連携に組み込むことが成果への近道となると考えます。せっかく想いをこめて開発した商品。使って頂ける方の手に届かなければ、その込めた技術が伝わらなければ、何の意味もありません。これからも県内ものづくり企業の前向きな取り組みをバックアップし、企業の大切な想いを届けるお手伝いをすることで、その地域の産業活性化から新たなビジネスモデルを創出してまいります。